NISSIN HOME

NISSIN BLOG

スタッフの日々の気づきや出来事を
随時更新しております。

燃料費について

住宅事業部の福田です。

数年後、燃料費が高騰するんではないかと、いろんな方が予想されてる中で、確かにと思うのですが、まずこれを見て下さい。

世界の自動車保有台数。

世界の自動車保有台数で、先進国はだいたい人口に対する一人当たりの保有係数が0.5前後なんですが、例えば、日本は人口約1億3千万人に対し、自動車保有台数が7,718万台。

中国、人口約14億人に対し、自動車保有台数14,283万台、インド人口約14億人に対し、自動車保有台数3,810万台です。

何が言いたいかと言うと、発展著しい中国とインドの自動車保有数の少なさなんです。

世界各国の人口に対する自動車保有台数の割合が約0.5%に対し、中国は0.0001%、インドは0.000003%です。これからさらに発展するだろう両国が、これから保有台数が今後増えていくとどうなるか?先進国なみにならずとも、保有台数が増えると燃料消費も増えて、燃料が足りなくなり、燃料費がどんどん高騰するんではないかと言う話です。そういう現象が起きたなら、電気自動車がさらに普及して、消費電力が増え、電力不足になり、結果、電気代の高騰につながると言う事です。

ですから、今後、住宅を検討してる方は、将来を見据えた、省エネ住宅を建てるのが必須になってくると言う事です。詳しく聞いてみたい方は、個別でコスパの良い家づくり勉強を毎週開催してますので、是非、ご連絡下さい。

暑い日が続いてますが、体調に気をつけて下さい。